風俗で若いと未成年の意味の違いとは

最近は、若い人でも気軽にインターネットを見られる環境ができてしまったので、スマートフォンなどで気軽にいろんな情報を得られるようになっています。

実際未成年が気軽に怪しいアルバイトをやったり、インターネットサービスを利用して、さまざまな事件に巻き込まれるケースもニュースで見かけます。

風俗店で働く場合には、働くことができる最低年齢が労働基準法で定められているので、満15歳に達した日以後の最初の3月31日を経過しない人は一部例外を除いて、労働させること自体を禁止しています。

お花のようなサボテン

ですので、最近人気の「ガールズバー」などで、労働基準法に違反した18歳未満の未成年が違法で働いていて事件になった事もあるみたいです。

これは一見、経営者が違法に若い女の子を働かせているという印象を受けますが、実は高額アルバイトに目がくらんで年齢をごまかした女の子が働いていることが、後から発覚して経営者が逮捕されるケースも多いみたいなので、経営者は雇う際に女の子の年齢確認をきちんとやらないと本当に怖いです。

しかしガールズバーなんかと違って風俗店なんかでは、そこまでは細かく履歴等も見ずに曖昧に雇用しているケースも多いようで、本番ありの裏デリという、非合法な売春の斡旋組織では18才未満の女性を専門に派遣する業者で、派遣業としての許可も当然とっていなく、完全な違法な売春組織として、確信的にやっているお店も存在するようです。

世の中には若い女の子が好きな男性は多いので、犯罪だとわかっていても、18才未満の女子高生「JK」や女子中学生「JC」を出会い系サイトなどで集客し、派遣しているみたいです。

最近では「JKお散歩」と言って、秋葉原などの路上で女子高生が会社帰りのサラリーマンなどに声をかけて、一緒に食事をしたり、カラオケに行ったりしてデートする風俗業も流行っていて、デートだけならまったく違法性がないので、堂々と営業しているところも多いみたいですが、その系統で個室でマッサージしてもらう「JKリフレ」というグレーな違法風俗業も増えていて、若い女の子を中心にバイト感覚で始める人が増えているみたいです。

でも、風俗の仕事も、働く女性のためにも、利用するお客さんのためにも、信頼を寄せられ、健全であるべきだと思うので、違法行為を防犯しなければいけないと思う。



テクニシャンは風俗で稼げるって本当!

風俗で働いている女の子に聞いたけど、 高収入風俗で稼ぐには簡単に稼げるとはいえ、いろいろテクニックが必要です。
聞かなくてもテクニックが好きなお客さんがたくさんいそうが気がしますね。

まぁ、同じお店でずっといると、どんどん若い新人の女の子が入ってくるので、もしそういう新人の若い女の子に客を取られて風俗で稼げなくなってきた場合、新人期間を目当てにお店を変えたり、掛け持ちをするというのもテクニックです!

風俗業界には新人期間というのが存在します。その期間はお店によって変わりますが、平均すると1~2ヶ月のところが多いみたいです。ですので、この新人期間はお店側も優先してお客さんを付けてくれるので、客が増えなくて稼げなくなってきたら、別のお店に移るか、掛け持ちして稼ぐのが常套手段です。

風俗嬢のイメージをする緑を背景にしてより一層鮮やかに感じるピンクのお花

ですので、お客さんが特に決まった女の子がいなかった場合、電話でそれがわかったらお店の担当者は、新人期間の女の子を優先的にプッシュしてくれるので、その分稼げる確率が高くなります。

そしてお店によっては新人割と言って、新人期間の子を指名した時の料金を通常の料金よりも下げる場合もありますので、お客さんから指名される率が高くなり、料金が下がってるといっても、お客さん向けのサービスなので、女の子のバックは変わりません。

そしてお店の常連のお客さんは、新人の女の子をチェックしているので、常連さんからも指名される確立は高くなります。

あとはお店によっては、1日あたりの給与保証を支払ってくれるお店もありますので、8~9時間お店に待機することで3~4万円の保証をもらえるので、普通のアルバイトでは考えられないくらい稼げるというのが風俗店の魅力で、最近では、ソープランドのようにハードなサービスのお店ばかりではないので、風俗に抵抗があったような子でも働く女の子が増えていて、そういう子たちでもし稼げない子がいましたら、お店を移ったり、保証のあるお店に移るのがオススメです!

その時は、まず風俗求人をネットで検索してください。



ちょっとまでちょっとまでお兄さん、交際クラブってなんですの

風俗で検索していると「交際クラブ」という風俗を見かけました。

この「交際クラブ」は、男女が出会ってデートをする為のキッカケ作りをしてくれるお店みたいですが、ただお店に行ってプレイするだけでは味気ないという人にとっては、多少高額でも、デートのドキドキから体験したいという人も多いみたいです。

こういった「交際クラブ」に入会した女の子はどうやってお金を稼ぐのかというと、デートをしながらお小遣いで稼ぐことが出来るみたいです。

風俗系の高級クラブに置いている華麗なる赤いお花

     
これはデートをして援助交際をするという売春的な話ではないみたいで、男性側が女性にデート代を支払ってくれるというシステムのようです。

デートするのにお金を支払うというのは、いわゆるチップのような形で、普通の人はデートの際にチップを貰ったりはしないと思いますが、お金持ちの男性達が利用するデートクラブなので、高額のチップを当たり前に頂くことが出来るみたいです。

よく金持ちの男性とデートした女性がタクシー代と言って一万円もらったーなんて話を聞いたことがありますが、お金持ちの男性達は、普段出会えない、普通の女性との出会いもなかなかチャンスがないということで、そういう出会いすら、お金で買うという合理的な考えの人が多いみたいです。

交際クラブのようなデートクラブの料金をみると、結構普通の風俗と比較しても高額の場合が多いので、結婚相談所と同じで、出会いって高く設定されているんだなーっていうことに気づきます。

デートクラブで会員数全国一のお店は「銀座クリスタル倶楽部」というところみたいですが、男性側は女性とデートをする場合、交通費として最低一万円を女性の方に渡す決まりになっているみたいで、1回のデートでなんと20万円のおこづかいをもらった人もいるみたいです。

風俗の方が確実な気がしますが、見た目に自信がある人は、もしかしたらこういうお店で駆け引きをした方が稼げるのかもしれませんね!