風俗の世界にも欠かさないハイテク

最近ツイッターがかなり一般的になっていて、ツイッターのつぶやきがニュースになったり、若者同士がツイッターで友達を増やしたり、情報交換をしているので、若者のほとんどがツイッターをやっていると言っても過言ではありません!

そんな中、ツイキャスなるものが一部で流行っているらしく、ツイキャスをやっている人で、キャス主とか、CASなんて言葉が飛び交っているが、知らない人には何の事かさっぱりわからない。

知り合いの女の子が結構大手の風俗サイトに顔出して乗せられて、もちろん本人はそのお店で働いているし、サイトでの顔出しはまったく躊躇のない娘で、まさに絵に描いたようなソーシャルネット世代で、普段の話し言葉もCAS交じりで、恐らくこんなことを言いたいんだろうなって、推測で会話をしなければいけないのがちょっと面倒だけど、それはそれで彼女の魅了でもあるかもしれませんね。
そのせいか、お客さんの指名がかなり多いって言います。

清楚な女性をイメージする白いお花

ツイキャスとは「ツイットキャスティングライブ」という動画を配信できるサイトの略で、「ニコニコ動画」や「YouTube」と似ていますが、よりスマホ向けに作られたサイトで、このツイキャスのアプリをダウンロードして、皆さん使用しているみたいです。

ツイキャスという位なんで、Twitterがやっているサービスだと思ったんですが、Twitter社とは特に資本関係等は無い全く別のサービスという事になります。

このツイキャスではライブ配信時間が基本的に30分と決まっていて、動画視聴者からもらえる「コンティニューコイン」と呼ばれるポイントによって、30分づつ延長できるので、最大4時間のライブ配信が可能というサービスのようです。

しかしツイキャスではアダルトやエロ行為が基本的に禁止になっているので、Youtubeのように視聴者数を増やしても儲ける機能がついていません。

しかも商業用の広告、宣伝又は勧誘を目的とする動画等の情報は禁止されていましたが、最近ではツイキャスを利用している企業や個人事業主、アマチュアのミュージシャンなどが、ツイキャスを通して閲覧者にチケットを販売できるようになったみたいです。

ただ風俗嬢がお店の宣伝をするのであれば、ツイキャスよりはTwitterの方が向いていて、実際に多くの風俗嬢がツイッターで集客や宣伝をしています!

ですので、昔の風俗嬢はただ働いているだけでしたが、最近では宣伝も自分で行っているみたいです!

高収入で知られる風俗の仕事ですが、自分で気楽に宣伝出来る時代なんですねー