風俗で若いと未成年の意味の違いとは

最近は、若い人でも気軽にインターネットを見られる環境ができてしまったので、スマートフォンなどで気軽にいろんな情報を得られるようになっています。

実際未成年が気軽に怪しいアルバイトをやったり、インターネットサービスを利用して、さまざまな事件に巻き込まれるケースもニュースで見かけます。

風俗店で働く場合には、働くことができる最低年齢が労働基準法で定められているので、満15歳に達した日以後の最初の3月31日を経過しない人は一部例外を除いて、労働させること自体を禁止しています。

お花のようなサボテン

ですので、最近人気の「ガールズバー」などで、労働基準法に違反した18歳未満の未成年が違法で働いていて事件になった事もあるみたいです。

これは一見、経営者が違法に若い女の子を働かせているという印象を受けますが、実は高額アルバイトに目がくらんで年齢をごまかした女の子が働いていることが、後から発覚して経営者が逮捕されるケースも多いみたいなので、経営者は雇う際に女の子の年齢確認をきちんとやらないと本当に怖いです。

しかしガールズバーなんかと違って風俗店なんかでは、そこまでは細かく履歴等も見ずに曖昧に雇用しているケースも多いようで、本番ありの裏デリという、非合法な売春の斡旋組織では18才未満の女性を専門に派遣する業者で、派遣業としての許可も当然とっていなく、完全な違法な売春組織として、確信的にやっているお店も存在するようです。

世の中には若い女の子が好きな男性は多いので、犯罪だとわかっていても、18才未満の女子高生「JK」や女子中学生「JC」を出会い系サイトなどで集客し、派遣しているみたいです。

最近では「JKお散歩」と言って、秋葉原などの路上で女子高生が会社帰りのサラリーマンなどに声をかけて、一緒に食事をしたり、カラオケに行ったりしてデートする風俗業も流行っていて、デートだけならまったく違法性がないので、堂々と営業しているところも多いみたいですが、その系統で個室でマッサージしてもらう「JKリフレ」というグレーな違法風俗業も増えていて、若い女の子を中心にバイト感覚で始める人が増えているみたいです。

でも、風俗の仕事も、働く女性のためにも、利用するお客さんのためにも、信頼を寄せられ、健全であるべきだと思うので、違法行為を防犯しなければいけないと思う。