風営法によって風俗の経営のし方も変わってくる?


2015年6月17日の風営法改正で、深夜で飲酒、遊興の3つを提供するクラブなど、深夜に大音量で音楽をかけてダンスをしている業態に対する規制だと思っていたが、この規制の条件にある「深夜」「飲酒」「遊興」という3つのキーワードが該当する業態は何もクラブだけではないです。

新しい風営法によって風俗業界の仕事には新しい風を吹くというあるのピンクの花のイメージ

 

              矢印



渋谷や六本木にあるクラブはこれらの許認可を取るにあたって、立地や店内の明るさなど様々な条件があるのだが、そういった条件をクリア出来なかった場合、深夜営業は出来ないわけだが、逆に「改正風俗営業法」で新設された「特定遊興飲食店」に認められた場合は、条件付きで朝まで営業出来るようになるといいます。

しかし、この規制緩和のために作った法律のおかげで、逆にフジロックフェスティバルなどの音楽フェスや、ライブバーなどの規制強化につながるのではないかという見方をする人も増えているといいます。

以前の風営法では、飲食店が午前0時過ぎに客に「遊興」をさせる事を禁止していて、警察庁の運用基準によると、「遊興」とは、

1、特定多数の客に歌やダンス、ショー、映画などの興行を見せる事
2、バンドの生演奏を聞かせる事
3、のど自慢大会など、遊技やゲーム、競技を行わせる事

などの行為を指しているらしく、それまでの法律では違反しても営業停止でしたが、今回の法律改正でアルコールを提供する店が許可なく深夜に遊興をさせると、懲役2年か罰金200万円、もしくはその両方が科されるという風に厳しくなりました。

年に一度に数時間程度のカウントダウンイベントなど、たまに行われるイベントに関しては、反復継続性を欠くため営業には当たらず該当しないというが、数日間にわたり野外で開催されるロックフェスに関しては該当する可能性があるといいます。

カラオケスナックとか、音楽バーなども、この法律に引っかかってしまった場合、深夜営業が禁止されてしまったり、申請をしないで無許可で営業をしているとみなされてしまった場合、刑事罰が科せられる可能性出てきたので、関係者は戦々恐々としています…